コアラの時事ネタ

世の中のことに反応してみる

スポンサーリンク

4ヶ月連続で軽自動車販売が前年度比2桁マイナス

概要

世の中では軽自動車税増税前の駆け込み需要の反動で下がったと言われています。

現に軽自動車だけでなく、新車販売台数も4月において前年度比7.5%減になっています。

その軽自動車税増税は2015年4月から7200円から10800円になったとのこと。

 

 

駆け込み需要した方がお得?

軽自動車税のアップで見れば年間¥5600。

10年乗ったとして¥56000。

新車販売が冷え込んだ今なら10年分の軽自動車税アップ分くらいの値引きは容易だと思います。

逆に駆け込み需要なんてものに乗っかれば販売側からもセールストークとして煽られ、できる値引きをされないまま購入という形になっている人もいるのではと危惧します。

これは復活した住宅エコポイントと同じで、キャンペーンに乗ってお得になっている気分になっているだけで、こういうものに乗っかると大概の人は食い物にされていると感じています。

 

 

問題の本質は?

軽自動車税の値上げが悪者のように言われていますが、元々公平さを欠いた税制度だったと思います。

むしろこのような税金アップで大騒ぎする自動車に乗っている人の民度を疑います。

任意保険に加入している人ならまだ良いとして、加入してない人なら車に乗るべきではないと考えます。

 

 

任意保険

自動車保険の対人・対物賠償を保障する任意保険加入率は2014年3月末時点で全国平均73.4%。最も低い沖縄県では52.9%。平均でも4人に1人は保険未加入。沖縄県に至っては約2人に1人は保険未加入です。

保険未加入者の言い分としては保険料が高くて入れないと。お金が無いなら自動車に乗るなと言いたいです。保険に加入していないなら自転車すら乗る権利はないと個人的に思います。この人達の責任感の無さはどこから来るのでしょうか?

保険料すら払えないと言う人達が、運転中に人身事故を起こすリスクを常に抱えながら、事が起きた時にどのように責任を取るつもりなのでしょうか?

任意保険は強制加入するべきだと考えます。

任意保険の中にも程度の低い保険対応をする悪徳保険会社も見られますが。

これらの保険は強制加入であるべきだと個人的には考えています。

最近では相手が保険未加入時に手厚い保険があるので、加入を勧めますが、一部の保険料が勿体無いと入らない無責任な人達のせいで、常識のある人達がその分余計な保険料を払うという社会体系になってしまっていることは悲しいことです。

 

 

運転免許制度も考えるべき

脳梗塞で半身に軽度の麻痺があったり、高次機能障害がある人。

統合失調症やうつ病などの精神障害のある人

軽度の認知症のある人。

超高齢者。

上記に提示したものは加齢と共に増えるものであって、高齢化社会となった日本ではこれらが原因で起こる事故は増える一方です。

 

これらの人が簡単に運転免許を更新できます。

いまもそこら中の路上で運転しています。

私達が運転している後ろを走っているかもしれませんし、直進中にこれらの人が交差点で右折しようとしているかもしれません。

あなたの大切な家族が路上を歩いている時にも、その近くを運転しているのです。

こういう問題を放置しているのは政治の問題と考えます。

恐らく問題であると分かっているのに放置されていると思います。

災害に対する防災意識を高くもつことも大切ですが、

これらの日常的にある身近なリスクに備えて家族みんなで注意し行動していくことも必要だと思います。

そして運転免許の更新も、確かな技術や知識があって、自動車運転をするのに適正な人にだけ免許を更新していくべきだと考えます。

スポンサーリンク

「コアラのお家づくり」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。