コアラの時事ネタ

世の中のことに反応してみる

スポンサーリンク

福井地裁 「もらい事故」の被害者に4000万円の損害賠償判決

事故内容

Aさんの車に、Aさんが助手席に乗りBさんに運転してもらっていました。

Bさんは居眠り運転で運転操作を誤り、センターラインを越えて反対車線に入り、直進してきたCさんの車と衝突しました。

 

助手席に乗っていたAさんが亡くなりました。

 

 

判決

「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とのことで

無過失が証明されなければ賠償する義務を負う。

 

 

Cさんに4000万円の損害賠償を命じた。

 

 

不服

  • この判決。
  • 居眠り運転の人をクラクションで起こしてあげなかったのは悪いですよねと平然と責任を問う裁判官
  • Aさんが保険適用もできない保険に入りつつBさんに運転させたこと。
  • Bさんが居眠り運転をしたこと。
  • 無過失が証明されなければ賠償責任があると定めると書いてある自動車損害賠償保障法

 

視点を変えてみると

かなり妥協して、大目に見てみれば、

被害者を守るための英断とも言えないのかもしれません。

 

 

対応策

  • 最近普及してきたドライブレコーダーは必要だと感じました。単独で運転している場合、目撃者がいて、証言してもらうことができなければ無過失を証明することができません。
  • 取り敢えず、交通事故時にはできる限りクラクションを鳴らす。咄嗟にできるか分かりませんが、鳴らしていれば、事故までに間に合っていなくても、間に合う状況じゃなかったことを訴えることができるかもしれません。
  • 地裁の段階で無能ではない弁護士を雇う。このような判決が出た場合、上告する。このような判決を甘んじて受け入れる必要はないと思うからです。
スポンサーリンク

「コアラのお家づくり」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。